PS VRが、2016年度グッドデザイン賞「グッドデザイン・ベスト100」を受賞


10月13日に発売を迎えるPlayStation VRが、2016年度グッドデザイン賞「グッドデザイン・ベスト100」を受賞しました。

グッドデザイン賞は、1957年に創設された日本で唯一の総合的なデザインの推奨制度。デザインを通じて産業や生活文化を高める運動として、国内外の多くの企業やデザイナーが参加。なかでも「グッドデザイン・ベスト100」は、2016年度グッドデザイン賞受賞対象から審査委員会により特に高い評価を得た100件になっています。

審査委員の評価

VR技術を世に広める普及型製品として造形、形態、形状、質感、価格など総合的なデザインがしっかりと行われている。見てすぐに他社製品と区別できる独特なフォルムは容易な装着で高い装着感を実現。ある程度、長時間の利用でも不快感がない仕上がりになっている。家庭用ゲーム機としてだけでなく、VRを活用した営業ビジネスや催事での利用など、今後幅広い展開が期待出来る。

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。