PS4『龍が如く6 命の詩。』の序章あらすじを公開


1

11月29日に「お試し版」の配信が予定されているPS4『龍が如く6 命の詩。』ですが、序章のあらすじが公開されました。

「お試し版」では、ゲーム開始から一章冒頭までをそのままプレイすることができ、セーブデータも製品版へ引き継ぐことが可能となっています。

■序章あらすじ

2016 年、広島・尾道仁涯町。スナックで一人座っている桐生。他に客はおらず、ママ風の女性がウイスキーを注ぐ。そこへ入口のドアが勢いよく開き、ヤクザ風の男がズカズカと店内に入ってくる。桐生に因縁をつけるヤクザ風の男。無視して酒を飲もうとする桐生に苛立つ様子のヤクザ風の男は、桐生を誘い、店外のひと気のない空き地で互いに拳を構える――。戦いの後、スナックへ戻った桐生はボストンバッグから哺乳瓶を取り出し、足元にいた
幼い子に与える。ミルクを飲み始める子の様子を見て微笑む桐生。

場面は変わって2012 年、東京 日本ドーム。一人のアイドルが衝撃的な形で引退宣言をする。澤村遥だった。時を同じくして、桐生一馬は日本五大都市を巻き込んだ一大抗争に、自ら終止符を打った。

そして2016 年、沖縄、養護施設アサガオ。刑期3 年という禊を終えた桐生は、すっかり成長したアサガオの子供たちから遥失踪の事実を聞く。一体遥に何があったのか、自らの無力を感じるのも束の間、その足跡を辿るため、かつての仲間を頼りに、桐生一馬は再び欲望渦巻く街、東京・神室町へと舞い戻るのであった。

ゲーム商品画像龍が如く6 命の詩。 – PS4
発売日:2016-12-08
参考価格:¥ 7,191

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。