PSVR『Farpoint』が6月22日に発売決定。ガンコン「PlayStation VR シューティングコントローラー」も発売


ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア、PlayStation VR専用FPS『Farpoint』の日本語版を6月22日に発売すると発表しました。価格は通常版が5900円(税抜)で、数量限定の「PlayStation VR シューティングコントローラー」同梱版が8900円(税抜)も登場。

『Farpoint』はPlayStation VRが実現するリアル体感型シューティングゲーム。宇宙で発見された「無限のエネルギー」を研究するために造られた宇宙ステーション「ピルグリム」。研究者であるエヴァとグラント、そして「ピルグリム」の連絡船ワンダラー号のパイロットであるプレイヤーは、「無限のエネルギー」から突然発生したワームホールに吸い込まれ未知の惑星へ辿り着きます。襲いくる生命体との戦いを繰り広げながら、離ればなれになったエヴァとグラントを探し出し、惑星からの脱出を目指す。

オンライン協力マルチプレイ専用モードも収録されており、シングルプレイ用のキャンペーンモードとは異なる戦場を仲間と共に戦うことができるぞ。

なお、「PlayStation VR シューティングコントローラー」の単品版も同日に発売され、価格は5980円(税抜)だ。

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。