『Wolfenstein II: The New Colossus』の解説映像が公開


ベセスダ・ソフトワークスは、海外で10月27日に発売を予定している『Wolfenstein II: The New Colossus』の解説映像を公開しました。

1961年のアメリカ。ナチス親衛隊大将「デスヘッド」の暗殺は、取るに足らない勝利でしかなかった。これによりナチスは勢いを失ったものの、いまだ世界を支配していた。主人公はレジスタンスの一員、B.J.ブラスコヴィッチ、通称「テラー・ビリー」。彼はナチスにとっての宿敵であり、自由への人類最後の希望でもある。アメリカに戻ってナチスを一人残らず始末し、第二次アメリカ独立革命を起こす気概、能力、武器を全て兼ね備えているのはただひとり、ブラスコヴィッチしかいない。

プレイヤーは、生き残ったレジスタンスの勇敢なリーダーたちを味方につけるため、ナチスに占領されたアメリカへと向う。ニューメキシコ州の小さな街ロズウェル、ニューオーリンズの大通りとバイユー、核爆弾が落とされた後のマンハッタンなど様々なロケーションが舞台。本作は高性能な銃器と新しい奇抜なアビリティを駆使しながら、強力なナチス兵とスーパー・ソルジャーを倒す爽快感が楽しめる、ファーストパーソンシューターの決定版。

『Wolfenstein II: The New Colossus』は1960年代の仮想世界に基づくフィクションです。各名称、登場人物、団体、場所、事象は架空のもの、またはフィクションに基づく描写によるものです。本作品のストーリーとコンテンツはナチス政権の信念、イデオロギー、事象、行動、党員、行為の解釈、称賛、是認を意図するものではなく、またナチス政権による戦争犯罪や虐殺、その他人権に反する犯罪を矮小化する事を容認するものではありません。

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。