『ファイナルファンタジーXIV』の累計登録アカウント数が1000万を突破


スクウェア・エニックスは、PS4/PC/Mac用MMORPG『ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア』の全世界累計登録アカウント数が1000万を突破したと発表しました。

FFXIVは2013年8月27日にサービス開始し、間もなく4周年を迎えます。2013年に「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」としてスタートし、2015年には拡張パッケージである「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド」をリリース。拡張パッケージ以外にも、数ヵ月に一度パッチによるアップデートを行い、豊富なコンテンツをプレイヤーのみなさまにお届けしてまいりました。

そして2017年6月20日、最新拡張パッケージである「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター」をリリースし、有効月額利用アカウント数は過去最高を記録。今後もプレイヤーのみなさまにご満足いただけるよう、更なるサービスの拡充を図り、アップデートを行いながらFFXIV は進化を続けていきます。また、より多くの方に最高の物語と冒険を体験していただけるよう、スタッフ一同邁進してまいります。

なお、「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター」発売後3回目のアップデートとして、Patch4.06を本日公開予定です。Patch4.06ではアクションの調整や、対人戦バトルコンテンツである「ザ・フィースト」のシーズン5開幕、不具合修正などが行われます。今後も続いていくアップデートにご期待ください!

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター
発売日:2017-06-20
参考価格:¥ 3,680

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。