『STAR WARS バトルフロント II』、ベータテストは10月4日から


Electronic Artsは、『STAR WARS バトルフロント II』のベータテストを10月4日から実施することを明らかにしました。

10月以前に予約された方は10月4日からベータをプレイすることができ、オープンベータは、10月6日からを予定。ベータの開催期間は10月9日までとなっています。

ベータテストでは、Star Wars映画シリーズの全3時代を4つの個性的なモードで体験することができる。

ナブーを舞台にした「ギャラクティック・アサルト」

「Star Wars バトルフロント II」のギャラクティック・アサルトは、 20対20で戦われるマルチステージ型モードです。ベータではナブーの首都シードのマップで、クローン・トルーパーまたは分離主義勢力のドロイドとなって宮殿をめぐる戦いを体験可能です。敵を倒すことでバトルポイントを獲得し、それを使ってビークルを呼び出したり、B2スーパー・バトル・ドロイドをはじめとする増援ユニットにアップグレードしたり…なによりレイのようなヒーローやダース・モールのようなヴィランになることができます。

フォンドアを舞台にした「スターファイター・アサルト」

スターファイター・アサルトでは、戦闘機部隊の一員となり、帝国軍のスター・デストロイヤーを守る、あるいは破壊する任務に就くことができます。今回のベータで「Star Wars バトルフロント II」の3種の新スターファイタークラスと、プリクエル、オリジナル、新トリロジーのヒーロー専用機を操縦する初体験をお楽しみください。

タコダナを舞台にした「ストライク」

また、新たなタコダナ・マップで「ストライク」モードも体験することができます。タコダナではマズ・カナタの城を中心にレジスタンスとファースト・オーダーが戦います。ストライクはトルーパークラス専用のモードで、ヒーローは登場しません。アサルト、ヘビー、スペシャリスト、オフィサー4クラスそれぞれの特徴を活かし、チームで連携して目標を達成してください。

ナブーを舞台にした「アーケード」

そしてベータ第4のモードがナブーでの「アーケード」モードです。1人または2人のプレイヤーがAIの敵集団との戦いに挑みます。アーケードでは2種類のプレイを体験できます。AIの味方とともに敵AIと戦うチーム戦闘と、 押し寄せる多数の敵を撃破する1対多の戦闘です。PlayStation®4とXbox Oneでは1台のゲーム機で2人が遊べる分割画面協力プレイまで可能です。

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。