ソニー、平井一夫氏は退任し会長へ。新社長 兼 CEOには吉田憲一郎氏


ソニーは、2018年4月1日からの新経営体制を発表しました。社長 兼 CEOを務める平井一夫氏は退任し、取締役 会長へ。副社長 兼 CFOの吉田憲一郎氏が昇格し、社長 兼 CEOとなる。

平井一夫のコメント

「2012年4月より、社長 兼 CEOとして『ユーザーの皆様に感動をもたらし、人々の好奇心を刺激する会社であり続ける』ことをミッションに掲げ、ソニーの変革と収益力強化に邁進してまいりました。第2次中期経営計画の最終年度となる今年度において、目標として掲げた経営数値を上回る業績を見通せるまでになったこと、そして多くの方に元気なソニーが戻ってきたという感触を抱いて頂けるようになったことを大変嬉しく感じています。新しい中期経営計画がはじまるこのタイミングで、新しい経営体制にバトンタッチすることが今後のソニーにとって、また私自身の人生においても、適切であると考え、社長 兼 CEOからの退任を決断しました。後任の吉田憲一郎は、2013年12月にソニーに復職して以来、CFOとしての役割に留まらず、私の経営パートナーとして、ソニーの変革を一緒に先導してくれました。吉田は戦略的な思考と目標達成に向けた強い意志、そしてグローバルな視座を持った経営者です。多様な事業領域に及ぶ幅広い知見、経験、そして強固なリーダーシップは、これからのソニーを牽引するのに最もふさわしい人物と考えています。私も、吉田を中心とする経営体制が着実に軌道にのり、成功するよう、今後は会長という立場でサポートしてまいります。」

吉田憲一郎のコメント

「社長 兼 CEOを拝命するにあたり、平井及び取締役会からの信頼に感謝すると同時に、大きな責任を感じています。平井が主導して築き上げた経営基盤を引継ぎ、ソニーがグローバル企業としての競争力を高め、長期的な収益成長を実現する企業となるよう、ソニーグループの経営陣と社員と共に、更なる改革に取り組んでまいります。まずは、4月から始まる新たな中期経営計画、そして2018年度の事業計画をしっかりと固め、着実に実行していくことに注力します。ソニーの『これから』を、経営陣と一緒に考え抜き、様々なステークホルダーの皆様のご期待に添うことができるよう、そして『より良いソニー』を創っていくために全力で取り組んでまいります。」

ソニーグループの新経営体制について

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。