PS4『Marvel’s Spider-Man』、国内で9月7日に発売


ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、PS4用ソフト『Marvel’s Spider-Man』を、日本国内で2018年9月7日に発売することを発表しました。価格はパッケージ版が6900円+税、ダウンロード版が7452円(税込)、追加ストーリー3部作「摩天楼は眠らない」がセットとなったデジタルデラックス版が、9612円(税込)。追加ストーリーは2019年3月までに順次配信予定。

『Marvel’s Spider-Man』は、超人気スーパーヒーロー、スパイダーマンとなり、広大な都市を縦横無尽に駆け巡りながら犯罪と戦うオープンワールドアクションゲーム。

PS4ならではのクオリティで再現された広大なニューヨークの街を、映画やコミックスでもおなじみのウェブ・スイングによって高速移動していく、唯一無二の爽快感を味わうことが出来ます。さらに本作では、街中にあるものを利用して戦ったり、スパイダーマンらしいトリッキーな動きや必殺技を素早く使い分けたりと、多彩な戦闘アクションが用意されています。

プレイヤーは新聞社に勤める青年ピーター・パーカー(スパイダーマン)となり、ヴィラン(様々なスーパーパワーをもった凶悪犯)たちによる犯罪を解決していきます。スパイダーマンとしての能力を得てから8年、何百万もの人々を守るために正体を隠しながら戦うピーターの、ヒロイックで爽快なストーリーにも注目です。

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。