『GOD EATER 3』、8人部隊で行われる「強襲討伐ミッション」の情報を公開


12月13日に発売を予定しているアクションゲーム『GOD EATER 3』にて、対抗適応型アラガミの討伐を目的とした「強襲討伐ミッション」の情報が公開されました。

襲討伐ミッション

突発的に出現する「対抗適応型アラガミ」の討伐を目的とした特殊ミッション。対抗適応型アラガミの出現ポイントは灰域濃度が極めて高いため、行動時間が「5分」と大きく制限されている。灰域では通常、統制しやすいフォーマンセルが主であるが、強襲討伐ミッションでは短時間での討伐を可能にするために精鋭のゴッドイーターを招集したエイトマンセル(8人部隊)による強襲作戦となっている。

強襲討伐ミッションは通常のミッションと異なり、ミッションを受注すると、他7名の戦闘員が招集される。ミッション時間は5分と制限されているが、強襲討伐においてはアラガミの情報を持ち帰ることも戦果とされているため、制限時間内に討伐が出来なかった場合も、ミッション失敗ではなく離脱扱いとなり、ミッション成功時よりは少なくなるものの一定の報酬を得ることができる。

また、強襲討伐ミッションではEP(エンゲージポイント)を獲得することができ、これにより新たなエンゲージを習得することができる。

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。