PS4版『ウォーハンマー:Chaosbane』が2020年1月30日に日本でも発売


オーイズミ・アミュージオは、アクションRPG『ウォーハンマー:Chaosbane』(Warhammer: Chaosbane)のPS4版を2020年1月30日に発売すると発表しました。価格はパッケージ版が7800円(税別)、ダウンロード版が7800円(税込)。

『ウォーハンマー:Chaosbane』とは?

世界中で絶大な知名度を誇るシリーズ「ウォーハンマー:ファンタジーバトル」の世界で描かれる、ハック&スラッシュ型のアクションRPG。
本作はファンタジー系の世界を舞台にしたダークなテイストの物語で、シリーズのファンには馴染み深いナルン、プラーグといった土地も登場し、豊富なスキルやシステムで敵を倒す爽快感が魅力の作品。

ストーリー&タイプ別のプレイヤーキャラクター

プレイヤーは、敵側の勢力ケイオス軍がオールドワールドを制圧する中、帝国を託されたヒーローとして戦う。敵を倒し、囚われた人間たちを解放しながら、侵略を止めるために奔走する。
甲冑の人間で大きなダメージを与える「帝国兵士」、近接戦闘に特化した「ドワーフ」、魔法による遠隔攻撃を得意とする「ハイエルフ」、弓矢による高速の攻撃が可能な斥候「ウッドエルフ」から選択。
自分のプレイスタイルに合ったキャラクターを選んで戦いに出よう。

10段階の難易度

「簡単」から「難しい」、「混沌」まで、自分に合ったレベルで楽しむことができる。
難度が高いほど戦闘は難しくなるが、取得できる戦利品のレア度も上がる。

様々なスキル、協力プレイで敵を圧倒

•スキルはキャラクター合計で180種以上。
•中ボスとなるモンスターだけでも70種が存在。
•ゲージを溜めて力を解放し、特殊な攻撃を出すことのできる「血渇スキル」。
•倒したボスに再挑戦できる「ボスラッシュモード」など、爽快で工夫を凝らした戦闘システム。
•オフライン環境でも1つの画面で最大4人まで協力プレイができる「カウチCo-op」が可能。
•ストーリークリア後に開放される、高難度のダンジョンに挑むエンドコンテンツモード「遺物狩り」など。

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。