『バイオハザード レジスタンス』、新たなマスターマインド「ニコライ・ジノビエフ」が使用可能に


本日5月15日に『バイオハザード レジスタンス』のコンテンツ追加が実施され、新たなマスターマインド「ニコライ・ジノビエフ」が使用可能となりました。そして、ニコライ専用のB.O.W.として「ネメシス」も登場。

U.B.C.S.デルタ小隊B分隊隊長
Nicholai Ginovaef
ニコライ・ジノビエフ

ニコライ・ジノビエフは多額の報酬と引き換えに今回の実験に協力することになった。
傭兵として鍛え上げられた、獲物を追い詰める嗅覚と多彩な射撃技術は、サバイバー達を苦しめるための恐るべき凶器となる。
その攻めを仮に逃れたとしても、次に来るのは追跡者「ネメシス」。サバイバー達に逃げ場はない。

機能追加・制限撤廃

・クイックマッチメニューでランダムを選ぶと、リザルトの時RPボーナスがもらえる機能を追加しました。
・装備枠、装備ポイント上限、装備ボックスのランク制限を撤廃しました。
・獲得したRPが規定値より低い場合、RPブースターを使用しても消費しないように修正を行いました。
・マスターマインドのキャラクターとデッキ編集の制限を撤廃しました。Map Presetの解放条件は任意のマスターマインドをランク5にすることに変更しました。
・サバイバー(チームプレイ)でマッチング中、それぞれのサバイバーが部屋に参加する時に弾かれる状況を軽減するための機能を追加しました。
・Steam版のリザルト画面でプレイヤーのプロフィールをチェックできる機能を追加しました。

不具合修正

・ヤテベオが擬態すると死亡する不具合を修正しました。
・持続系フィーバースキルを使ったらすぐクールダウン時間がカウントし始める不具合を修正しました。影響を受けるキャラ:ジル/ベッカ/サミュエル
・アネットのアルティメットスキルパス”憤怒”を選択している時、特定の状況でクールダウン時間が短縮される不具合を修正しました。
・特定の状況で”粘液拘束弾”を撃たれると操作できなくなる不具合を修正しました。
・マッチング成功後に誰かが抜け、再度クイックマッチするとマッチングできない不具合を修正しました。
・ジル脱出時の動作を修正しました。

バランス調整

・”粘液拘束弾”の能力を下方修正しました。
・”電磁シールド”の持続時間を減らしました。
・スペンサーのスキル”モジュール活用術”の効率を下げました。
・”省エネ運転”の消費コストを上げました。
・一部銃器の監視カメラを無効化する値を下方修正しました。
・”ミックステープ”と”叡智の書”の能力を下方修正しました。
・ヴァレリーのフィーバースキル”スプレー銃”のクールダウン時間を延ばしました。
・アネットの”突然変異”のスキルパス”強化”の効果を下方修正しました。
・クリーチャーの自動回復の量を下方修正しました。
・”EMP弾”の効果量を下方修正しました。
・ヤテベオのスタンしやすさを調整しました。

公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。