『レインボーシックス シージ』、YEAR6のセカンドシーズン「North Star」の情報を公開


ユービーアイソフトは、タクティカルシューターゲーム『レインボーシックス シージ』にて、YEAR6のセカンドシーズンとなる「North Star」に関する情報を公開しました。

この新シーズンでは、北米の先住民族であるナコダ族出身の新オペレーター「Thunderbird」、さらに全面的に作り直された「ファベーラ」マップなどが登場。

新オペレーター「Thunderbird」は、コーナヒーリングステーションを設置することができ、この装置の近くにいる敵、味方双方のプレイヤーは、ダウンしていても回復することが可能です。コーナステーションは、チャージする度クールダウンが発生します。「Thunderbird」は、身軽で素早い動きが特徴で、プライマリーウエポンにSPEAR .308またはSPAS-15、セカンダリーウェポンにBEARING 9またはQ-929を装備。

そして、「North Star」では、部屋を追加し再構築したファベーラマップを導入し、マップのナビゲーションなどを改善。リワークにより、読みやすさが向上し、ファベーラでプレイする際自分がどこにいてどこに行くのかを常に把握することが可能となるようだ。

5月25日より、「North Star」のテストサーバーが稼働。テストサーバーでは、「アーマーシステムの刷新」と「 (デス後のアクティビティ」の2つの新機能が試験導入される。プレイヤーのアーマーは、追加のヘルスに変換され、アーマーの影響をより明確に把握できるようになります。さらに、アタッカーは、自分のドローンを操作できるようになり、ディフェンダーの一部は、死後もガジェットを使用できるようになります。(Maestro, Echo, Mozzieなど)。これらの変更はゲームプレイに強い影響を与えるため、プレイヤーからのフィードバックを得るためにテストを行います。これらの新機能はテストサーバーのみでの提供となり、「North Star」の実装時にリリースされることはありません。

「North Star」での主なアップデート内容
・スコアボード2.0
・新たな「死体」のアイコン
・バレットホールの修正
・オペレーターのバランス調整(Melusi、Mira、Maestroの調整とGas Propagationの再構築)

「North Star」ゲームプレイトレーラー

開発パネル:Year 6 シーズン2「North Star」詳細公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。