『グランツーリスモSPORT』、世界初のオリンピック認定大会のファイナルが日本時間6月24日1:00から配信


ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、PS4『グランツーリスモSPORT』を使用した競技大会「オリンピック・バーチャルシリーズ モータースポーツイベント」のワールドファイナルを、日本時間の6月24日1:00から配信すると発表しました。

IOCと5つの国際スポーツ連盟およびゲームパブリッシャーとの協力によって実現した「オリンピック・バーチャルシリーズ」では、野球、サイクリング、漕艇、セーリング、モータースポーツの5つの競技が公式種目となり、そのうちモータースポーツ競技に『グランツーリスモSPORT』を採用。ワールドファイナルには、日本代表として本予選アジア地区トップのレコードを叩き出した宮園拓真選手が参加します。

■ワールドファイナル トーナメント構造
グローバルオンライン予選により、各地区から選抜された16名で争われます。ワールドファイナルは3レースを行い、得られるポイントの合計で争われます。最終的に総合ポイントを最も多く獲得した選手がオリンピック・バーチャルシリーズ モータースポーツイベントの初代ウィナーとなります。

●レース1、レース2
それぞれ1LAPアタックの予選を行い、グリッドを決定。レース結果に応じてポイントを獲得します。

●グランドファイナル
レース1、 2と同じフォーマットですが、ダブルポイントとなります。グランドファイナルを終えた時点での総合ポイント順が、ワールドファイナルの総合結果となります。

・各レースの予選ポールポジション獲得者は1ポイント獲得します。
・各レースの決勝中にファステストラップを記録した選手は1ポイントを獲得します。

ポイントテーブル、ボーナスポイント、各レースの詳細は下記URLよりご覧ください。
https://www.gran-turismo.com/jp/gtsport/ovs/2021/race_structure/#top

●参加選手
ヴァレリオ・ガロ / Valerio Gallo (イタリア)
アンドリュー・ブルックス / Andrew Brooks (カナダ)
バティスト・ボボア / Baptiste Beauvois (フランス)
宮園 拓真 / Takuma Miyazono (日本)
アンゲル・イノストローザ / Angel Inostroza (チリ)
ホセ・セラーノ / Jose Serrano (スペイン)
ミカイル・ヒザル / Mikail Hizal (ドイツ)
イゴール・フラガ / Igor Fraga (ブラジル)
パトリック・ブラザン / Patrik Blazsan (ハンガリー)
ニキータ・モイゾフ / Nikita Moysov (チェコ)
コンスタンティン・コンスタンティノー / Konstantinos Konstantinou (ギリシャ)
アダム・ウィルク / Adam Wilk (オーストラリア)
ダニエル・ソリス / Daniel Solis(アメリカ)
スタンフォード・チャウ / Stanford Chau (香港)
ナサヨウ・シリガヤ / Nathayos Sirigaya (タイ)
タージ・アイマン / Taj Aiman (マレーシア)
※グローバルオンライン予選タイム順(敬称略)

「グランツーリスモ」公式サイト
「オリンピック・バーチャルシリーズ モータースポーツイベント」ページ
https://www.gran-turismo.com/jp/gtsport/ovs/2021/
※放送はこちらの公式ページよりご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。