『Dead by Daylight』、映画「ヘル・レイザー」とのコラボが発表。コラボチャプターとピンヘッドが登場


『Dead by Daylight』、映画「ヘル・レイザー」とのコラボが発表され、コラボチャプター「HELLRAISER」登場と、セノバイト達のリーダーとなる“ピンヘッド”が新殺人鬼として登場することが発表されました。PTB(パブリックテストビルド)で新殺人鬼「セノバイト」を公開。

顔中に釘が刺さっている異様な容姿が有名な“ピンヘッド”ですが、特殊能力に、原作でピンヘッドが操る鎖付きフック、そして原作のキーアイテムである「ルマルシャンの箱」(パズルボックス)も登場。「ルマルシャンの箱」は、放っておくと生存者を追う鎖を呼び出すほか、ピンヘッドに拾って使われると、全員が鎖の妨害を受けて位置もばれてしまうという。

固有パークは、発電遅延系の「デッドロック」、生存者を最初に吊した時に対象のトーテムが浄化されるまで忘却のステータスとなる「呪術:玩具」、最大4つのフックを、生存者に出血と重症のステータスを与えるなどの効果を持つものに変更される「悶絶のフック:苦痛という名の賜り物」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。