「バイオハザード」や「デビルメイクライ」「戦国BASARA」などを手掛けた小林裕幸氏、カプコンを退職し、中国NetEase Gamesに移籍


「バイオハザード」や「デビルメイクライ」「戦国BASARA」などを手掛けた小林裕幸氏が、カプコンを今年3月31日付で退職し、中国NetEase Gamesのプロデューサーとして活動いていることを報告しました。

何をしていくかは今後の発表をお待ちください。新たな年代に新たな環境で皆様に楽しんでいただけるエンタテイメントを引き続き創造していきます。とコメントしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。