PS4『ウイニングイレブン 2019』、新たに7つのリーグとオフィシャルライセンスを締結


KONAMIは、8月30日に発売を予定しているPS4向けサッカーゲーム『ウイニングイレブン 2019』にて、新たに7つのリーグとオフィシャルライセンスを締結し、収録すると発表しました。

FCバルセロナのカンプ・ノウなど、パートナークラブのスタジアムはクオリティを向上して独占搭載。さらに、新たなパートナークラブとスタジアムも追加される。

欧州

•「Russian Premier League」(ロシア)
•「Superliga」(デンマーク)
•「Liga NOS」(ポルトガル)
•「Raiffeisen Super League」(スイス)
•「Ladbrokes Premiership」(スコットランド)
•「Jupiler Pro League」(ベルギー)

南米

•「Superliga Quilmes Clasica」(アルゼンチン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。