『FFXIV: 紅蓮のリベレーター』、大規模PvP「ヒドゥンゴージ(機工戦)」と、「禁断の地 エウレカ:ヒュダトス編」を公開


スクウェア・エニックスは、MMORPG『ファイナルファンタジーXIV』の大規模PvPコンテンツ「ライバルウィングズ」の第2弾「ヒドゥンゴージ(機工戦)」と、禁断の地 エウレカの第4弾「禁断の地 エウレカ:ヒュダトス編」を公開しました。

大規模 PvP コンテンツ「ライバルウィングズ」の第2弾「ヒドゥンゴージ(機工戦)」

ザナラーンの外れに「隠塞(ヒドゥンゴージ)」と呼ばれる谷がある。かつて、アマジナ鉱山社が大金を投じて開発したものの、不運にも数年で鉱脈が尽き、見捨てられてしまった場所だ。そんな、忘れられた鉱山施設が、冒険者向けに演習場として解放された。鉄の道を境にしてにらみ合うは、蒼き隼と紅き鴉。今ここに、ふたたび狂乱の縄張り争いが始まる!

最大48人が同時に参加できる大規模PvPコンテンツ「ライバルウィングズ」の第2弾、「ヒドゥンゴージ(機工戦)」。勝利条件や機工兵器などの基本ルールは「アストラガロス(機工戦)」を踏襲しつつも、新たな固有のルールが加わり、より一層白熱した対戦を楽しめます。

禁断の地 エウレカ第4弾「禁断の地 エウレカ:ヒュダトス編」

灼熱地ピューロス帯での活動を完了させた冒険者たちは、いよいよ魔法障壁に護られたバルデシオン委員会の本部塔へと向かう。しかし、塔がそびえたつバル島の中心地は、異様なまでに強力な水属性の力で満たされていた。創神「エウレカ」の謎を解き明かし、すべてに決着をつけるため、今、光の戦士たちは帯水圏「ヒュダトス帯」の調査に挑む!

「禁断の地 エウレカ:ヒュダトス編」では、「禁断の地 エウレカ」のストーリーがいよいよ完結します。いったいどんな結末を迎えるのか、ぜひその目でお確かめください!

[amazonjs asin=”B01N4Q17J1″ locale=”JP” title=”ファイナルファンタジーXIV コンプリートパック – PS4″]

コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。