PS5でも発売へ。『百英雄伝』、Kickstarter開始2時間で目標達成


「幻想水滸伝」シリーズを手がけたメンバーが開発に参加している新作RPG『百英雄伝』のKickstarterキャンペーンが実施され、2時間で50万ドルを突破しました。

プラットフォームについては、2~3年後に発売になるため、PlayStation 5、PlayStation 4、Xbox One、Xbox Series X、任天堂の次世代コンソールを予定。

メインストーリー

多くの価値観、文化を持つ国が集まる場所
オールラーン大陸、その一地方から物語が始まる。

剣とそして、神秘的な力を秘めた魔導レンズ(ルーンレンズ)が力を振るい
人、獣人、エルフ、砂漠の民、それらが時に協力し、時には覇を争い合っていた。

その中で魔導レンズの力の研究で一日の長を持ち、その力を引き出す技術を習得した帝国、ガルディアは更なる魔導レンズの力を求めて各地に捜索の手を広げていた。

その捜索の任にあたった帝国の若き俊才士官セイ・ケースリング、そしてその捜索隊に加わりセイと友情を交わす事になる辺境の村出身の少年ノア。

二人は運命に導かれ新たな戦乱の世で探し求めることになる。

それぞれの正義と真実を。

百英雄伝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。