ソニー、2020年度第1四半期連結業績を発表


ソニー、2020年度第1四半期連結業績を発表しました。連結売上高は、前年同期比2%増の1兆9,689億円、連結営業利益は、過去最高を記録した前年同期から微減の2,284億円となりました。

ゲーム&ネットワークサービス(G&NS)分野は、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワークサービス共に、コロナによる巣籠もり需要の好影響を受け、売上高は、前年同期比32%増の6,061億円、営業利益は、502億円増の1,240億円。

ソフトウェアは、『The Last of Us Part II』の大ヒットに加え、フリー・トゥ・プレイタイトルを含む自社制作以外のタイトルも大きく貢献。PS Plus会員数が6月末時点で約4,500万人に到達。

プレイステーション5の年末商戦期での発売に向け、ユーザーエンゲージメントの強化・拡大を目指す。

2020年度 第1四半期 業績説明会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。