「Call of Duty」最新作のティザーサイト更新で、まだまだ続くようです


「Call of Duty」シリーズ最新作のティザーサイトが更新され、ビデオテープが登場しました。

映像では、ケネディ大統領、キューバ危機など米ソ冷戦時代の映像が流れ、ビデオデッキに「WZ-H6-49285 163」の文字が。

そこから「Call of Duty: Warzone」のロックされた扉が開き、内部で資料が確認できるとのことです。

また、テレビから、新たなページ「emc2」が登場。あと5回更新され、次回は日本時間8月16日1時に動きがあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。