『Star Wars:スコードロン』、ルーカスフィルムコラボのCG短編「Hunted」を公開


10月2日にリリースを予定している『Star Wars:スコードロン』にて、ルーカスフィルムコラボのCG短編「Hunted」が公開されました。

新共和国の急襲を受けて撤退する帝国軍。それは第2デス・スター破壊後の世界を物語っていた。しかしタイタン中隊隊長ヴァルコ・グレイの戦いは終わっていない。この「STAR WARS:スコードロン」の短編ストーリーでは、タイ・ファイターで戦場に一人残され、新共和国のXウイングにより追われる立場となった彼の命運が描かれる。

Motive Studios、Lucasfilm、ILMのコラボレーションで生み出されたCG短編「Hunted」で、本編に登場するエースパイロットの一人を主人公に「STAR WARS::スコードロン」に先立つ出来事を目にせよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。