「機動戦士ガンダム」が実写映画化


「機動戦士ガンダム」が、映像ストリーミングサービスのNetflix向けに実写映画化されることが発表されました。

監督は映画「キングコング: 髑髏島の巨神」のジョーダン・ヴォート=ロバーツさん。

さらに、脚本をブライアン・K・ヴォーン氏が、エグゼクティブプロデューサーをLEGENDARYのケール・ボイター氏が担当。

「機動戦士ガンダム」シリーズの歴代作品で描かれてきた“対立と愛”、そして「モビルスーツ」を操縦するパイロットたちの戦いを通じた人間ドラマを踏襲し、実写映画として新たな魅力を創出していくとのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。