中世戦場アクションFPS『Chivalry 2』、国内で6月24日に発売


Tripwire Interactiveは、中世戦場アクションFPS『Chivalry 2』を、国内で2021年6月24日に発売すると発表しました。

対応機種は、PS5、PS4、Xbox One、Xbox Series、PC。

「Chivalry 2」とは

「Chivalry 2」は中世を舞台とする映画の壮絶な戦いに着想を得た、マルチプレイヤーの一人称視点スラッシャーゲームです。本作のプレイヤーは、剣と剣のぶつけ合い、燃え盛る矢の雨、巨大な城での攻防戦など、中世を象徴するあらゆる戦いの場面に身を投じることになります。

大規模な戦場を支配せよ。前作から継承された「Team Objective」マップで、城を包囲し、村に火を放ち、薄汚い敵の領民たちを討ち払いながら、カタパルトで大地を引き裂け。

ジャンルを超えた前作「Chivalry: Medieval Warfare」を更に進化させたものが本作「Chivalry 2」です。本作では、リアルタイムの攻撃やフリーフローコンボを組み合わせた新たな戦闘により、より素早いアクションで旋風のように剣を振るうことが可能になります。

また、複数の敵との戦いが想定されている本作の戦闘では、FPSと格闘ゲームの両者の利点が掛け合わされており、他にはない唯一の近接戦闘を体験することができます。

特長
全プラットフォーム間のクロスプレイ
PCとコンソールの垣根が取り払われ、プレイヤーはプラットフォームを問わず、同じ戦場で戦うことができます。

圧倒的なスケール感
まるでゲーム・オブ・スローンズの「落とし子の戦い」のような大規模な戦争の中には最大64人のプレイヤーが参加。戦いの最前線に突入し、混沌とした中世の壮絶な戦場を体験せよ。

己の戦闘スタイルを選べ
新しいサブクラスシステムによって、より多彩な武器の選択が可能になります。4つの基本クラスに加えて、近接/遠隔をあわせ持つ散兵から遠距離攻撃で敵を寄せ付けないポールマンまで、12のサブクラスが追加されます。

あらゆるものを利用せよ
バリスタ、カタパルト、トレビュシェット、破城槌、マントレット、スパイクトラップ、梯子などさまざまな重装置を用いて戦場を制圧せよ。防衛の際には、スパイクやクマの罠を含む様々な罠を駆使。

さらに、戦場ではあらゆるものを拾って敵にダメージを与えることができます。蜂蜜酒を飲み干して空になった聖杯で攻撃し、燃える鶏で敵の顔面を叩いてとどめを刺すことも可能。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。