再設計されたPS5が2022年に登場?


台湾の電子部品業界情報誌DigiTimesは、半導体大手TSMCなどのサプライヤーが2022年の第2四半期~第3四半期の間に再設計されたPS5の生産を開始する予定であることを報じました。

記事によると、再設計されたPS5はAMDのセミカスタマイズされた6nmプロセスCPUが搭載される予定。

世界的な半導体不足と、現行の5nmはコストがかかりすぎるため、コストを下げて増産しやすくするためとみられています。

報道が本当であれば、パフォーマンスが向上することはないと思われますので、現行PS5があればそちらを選んだほうがいいかもしれません。

https://www.digitimes.com/news/a20210506PD208.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。