『オーバーウォッチ2』、5対5で、タンク1名、ダメージ2名、サポート2名の5名チームに


Blizzardは、新作マルチプレイFPS『オーバーウォッチ2』の最新情報を伝えるライブストリーミングを実施しました。

「オーバーウォッチ」の6対6から5対5に変更となり、それに伴いチーム構成が変更。
タンクがひとり減って、タンク1名、ダメージ2名、サポート2名の5名チームとなることが明らかに。

変更により各ロールのパッシブ能力にも調整が入ることに。ダメージは、他ロールよりわずかに早く移動でき、サポートは、戦闘から短時間離れた際に自動的に体力が回復できるようになる。タンクは、ノックバックを減らし、他ロールと比較するとダメージを与えられた際に敵に与えるアルティメット・チャージが少なくなる。

そして、メイの「凍結ブラスター」やウィンストンの「テスラキャノン」に調整が入ることも発表。

そのほか、プレイヤーは中央に配置されたロボットを制御下に置くためバトルを繰り広げ、敵拠点を目指して“プッシュ”する新ゲームモード「プッシュ」や新マップやトールビョーンの新ビジュアルなどが発表されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。