『バイオハザード ヴィレッジ』、全世界での販売本数が400万本を突破


カプコンは、シリーズ最新作『バイオハザード ヴィレッジ』の全世界での販売本数が400万本を突破したことを発表しました。

株式会社カプコンは、マルチプラットフォーム向け「バイオハザード」シリーズ最新作『バイオハザード ヴィレッジ』を、全世界で400万本販売※しましたのでお知らせいたします。※ダウンロード販売実績を含む

『バイオハザード ヴィレッジ』は、累計900万本(2021年3月31日現在)を販売した『バイオハザード7 レジデント イービル』の続編で、アクション性を高め、より遊び応えのあるプレイボリュームを備えたタイトルです。プレイヤーは主人公のイーサンとなり、不気味な寒村を舞台に新たなサバイバルホラーに挑みます。フォトリアルな映像表現や3Dオーディオなど技術の面だけでなく、伝統的なホラーを源流とした魅力的なキャラクターやホラーとアクションが共存するプレイ体験がユーザーから支持された結果、全世界で400万本を販売しました。

当社はこれからも、卓越したゲーム開発力を遺憾なく発揮し、ユーザーの皆様のご期待に応えてまいります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。