『アサシン クリード ヴァルハラ』、拡張コンテンツ第2弾「パリ包囲戦」が2021年夏発売。「ディスカバリーツアー:ヴァイキングの時代」も秋に登場


Ubisoftは、『アサシン クリード ヴァルハラ』の拡張コンテンツ第2弾「パリ包囲戦」を2021年夏発売することを明らかにしました。

「パリ包囲戦」では、フランク王国を舞台に、エイヴォルはフランスの地方でヴァイキングの歴史上最も悪名高い戦いの1つへ向かいます。新たな武器、アビリティ、装備やスキルを使って新たな敵に挑むことができます。さらに「パリ包囲戦」では、潜入ミッションが帰ってきます。このミッションでは、特定のターゲットの暗殺方法を自由に選ぶことができます。
「パリ包囲戦」は、コンテンツ単体として3,300円にてご利用いただけます。そして、シーズンパスの一部としてプレイが可能です。
『アサシン クリード ヴァルハラ』はさらにさまざまな無料のイベントやアップデートをプレイヤーの方に向け予定しています。皆様からのリクエストが多かった、片手剣も追加される予定です。

さらに、この秋『アサシン クリード ヴァルハラ』をお持ちの方は、「ディスカバリーツアー:ヴァイキングの時代」を無料でお楽しみいただけます。「ディスカバリーツアー:古代エジプト」と「ディスカバリーツアー:古代ギリシア」の後を継ぐこの教育的な拡張パックは、ヴァイキングの時代に焦点を当て、歴史と伝統についてより深く知ることができます。歴史家や考古学者がデザインしたこの非暴力的な学習体験では、その時代の様々なキャラクターになって9世紀のノルウェーとイングランドの冒険へと出ることができます。「ディスカバリーツアー:ヴァイキングの時代」は単体としてUbisoft Connectで2,640円でもご購入いただけます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。