約30年の時を経て蘇る。PS4/Switch『時計じかけのアクワリオ』が2021年冬に発売決定


Strictly Limited GamesとININ Gamesは、アーケード・アクションゲーム『時計じかけのアクワリオ』(英語名:Clockwork Aquario)をPlayStation 4と Nintendo Switch向けに、2021年冬に発売予定であることを発表しました。

1992年に開発が開始された『時計じかけのアクワリオ』は、伝説的なゲームソフト・ディベロッパーであったウエストン ビット エンタテインメントが開発した最後のアーケードゲーム。色鮮やかで美しい2Dグラフィックのドット絵アートが特徴の1つで、セガ・システム18のアーケードハードの限界に挑戦すべくプロジェクトが開始。しかし当時は対戦格闘ゲームや3Dゲームがアーケードを席巻していたため、残念ながら『時計じかけのアクワリオ』の開発中止されていた。

約4年前、Strictly Limited Gamesは、『時計じかけのアクワリオ』の行方を探し出し、その後、ININ GAMESはデジタルリリースの契約を結び、より多くの人に『時計じかけのアクワリオ』を楽しんでもらえるよう、SEGAおよびライセンスを持つLAT社に協力により、復活することになったという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。