PS5、国内累計販売数が100万台を突破


ファミ通は、2020年11月12日に発売したプレイステーション5(PS5)の国内推定累計販売台数が100万台を突破したことを発表しました。

「プレイステーション5」 国内推定累計販売台数
(集計期間:2020年11月12日~2021年9月5日/販売週数:43週)

国内推定累計販売台数:1,012,656台

<内訳>
プレイステーション5:847,421台
プレイステーション5 デジタル・エディション:165,235台

今回の速報について

ソニー・インタラクティブエンタテインメントのゲーム機「プレイステーション5」(2020年11月12日発売)は、発売から43週(約10ヵ月)で国内累計販売台数100万台を突破しました。

また、プレイステーション5向けのパッケージソフトでは、「バイオハザード ヴィレッジ」(カプコン/2021年5月8日発売)が6.7万本※を売り上げ、累計販売本数トップとなっています。

同ハードは、発売から現在にかけて抽選販売が実施されるなど、入手困難な状況が続いています。「FINAL FANTASY XVI」(スクウェア・エニックス/発売日未定)といった人気タイトルの発売も発表されており、今後の供給増加と販売台数の伸びが期待されます。

※ソフトの累計販売本数は2021年8月29日まで、パッケージ版のみの集計となっております。(プレイステーション5の累計販売台数は2021年9月5日までの集計。)

[ファミ通]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。