スクエニの新作ダンジョンRPG『ダンジョンエンカウンターズ』が10月14日に発売


スクウェア・エニックスは、新作ダンジョンRPG『ダンジョンエンカウンターズ』(PS4/Switch)を10月14日に発売することを発表しました。PC版は10月15日に発売。価格は3520円(税込)。

「ダンジョンエンカウンターズ」は、シンプルなゲームデザインを突き詰めたダンジョン探索RPG。プリミティブな設計思想に基づき、あえて過度なビジュアル表現や演出は抑えられており、ゲームシステムそのものの面白さを体験できるものになっているという。

開発者メッセージ

プロデューサー:加藤弘彰
伊藤裕之さんから「お話や演出含め全体的にシンプルなデザインで、システムそのものが面白い RPG」の企画書を見せてもらったときの感想は「システムが面白いのであれば、凝ったデザインにした方がより売れるのでは?」でした(笑)
何度か話し合う中で、シンプルなデザインだからこそ状況を把握しやすくなり、ゲーム内の情報をヒントにどう攻略していくかを試行錯誤する「考えることが楽しい、ありそうでなかったプレイ体験になりそうだ」という想いに変わりました。
そうして完成したのが『ダンジョンエンカウンターズ』です。「RPG は特にシステムを楽しみたい」という方にはピッタリのゲームになっています!

ディレクター:伊藤裕之
数年ぶりに「RPG」の制作に携わることになりました。
作り方、必要要素をなんとか思い出し、どうにか完成に辿り着きました。
謎解き、塗りつぶし、倍速プレーなどを盛り込んで、なかなか面白い仕上がりになったと思っています。
「ちょっと気になるなぁ」と思ったらぜひプレイしてみてください。

キャラクターデザイン:伊藤龍馬
今回、キャラクターデザインを担当させてもらった伊藤龍馬です。
遊んでくれる方に気に入ってもらえるキャラクターがひとつでも多くあって欲しいと、どのキャラクターもデザインしました。
また、キャラクターを 3D にしてくれた開発会社のキャトルコールさんが、モデリング、モーションと素晴らしく仕上げてくれて、ゲームと合わせて遊んでくれた方に、気に入ってもらえたら嬉しいです。

ミュージックディレクター:植松伸夫
作曲家/株式会社ドッグイヤー・レコーズ代表/有限会社スマイルプリーズ代表
シンセサイザーを使って演奏されたクラシック音楽はこれまでにも数多く存在します。
しかし、それがシンセサイザーではなく全てエレキギターの多重録音で作られたものとなると非常に数少ないのではないでしょうか?しかも、ゲームのBGMとしてはおそらく初の試みではないかと思います。
「エレキギターでクラシック音楽を奏でる」と聞くと中には眉をひそめる方もいらっしゃるかもしれません。
けれどもご安心ください。これはクラシック音楽ではありません。これはクラシック音楽を素材に使わせてもらった「ロック音楽」なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。