『スーパーロボット大戦』シリーズの累計出荷本数が1900万本を突破


バンダイナムコエンターテインメントは、『スーパーロボット大戦』シリーズ累計出荷本数が1900万本を突破したと発表しました。

『スーパーロボット大戦』シリーズは、 さまざまなアニメーションに登場したロボットたちが作品の垣根を越えて一堂に会するシミュレーションRPGとして1991年に誕生。以降、GAME BOYを皮切りにさまざまなプラットフォームで展開し、リリースしたタイトルは90作。生誕30周年を記念して、 新作家庭用ゲームソフト「スーパーロボット大戦30」が2021年10月28日(木)に発売されています。

STEAM(R)にて欧米地域の配信を開始。対応言語もシリーズとして初めて簡体字を収録し、 幅広いお客さまに遊んでいただけるよう対応。

バンダイナムコエンターテイメントWEBメディア『アソビモット』で『スーパーロボット大戦』シリーズ30周年を記念した制作陣の特別インタビューを本日より公開されています。
https://bnent.jp/asobimotto_srw30/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。