『スーパーロボット大戦30』、レッドファイブに関する不具合情報を公開


バンダイナムコエンターテインメントは、『スーパーロボット大戦30』にて発生している不具合に関する情報を公開しました。

2021年11月26日に配信されたアップデートデータでの現象。

【2021年11月30日(火)現在弊社で確認している現象】
・レッドファイブの強化パーツ装備スロットを「AOSアップデート」で増やしている場合、スロット数が1減り、そのスロットに対して強化パーツの付け外しができない。
 ※「AOSアップデート」にて、ハンガー:補給設備を8段階アップし「強化パーツ装備数+1」を獲得済の場合に限ります。
・「強化パーツ」画面のユニット一覧でイズルのレベルとSPが-1と表示される。
・レッドファイブがミッションの「出撃ユニット選択」リストに表示されないことがある。
・レッドファイブがミッションの「出撃ユニット選択」リストに表示されないときに、「情報」の「機体一覧」画面からレッドファイブを見るとゲームが強制終了することがある。
 ※「~戦線」「~の遺産」系列のミッションの場合に限ります。

【該当のアップデートデータ】
Nintendo Switch™版…アップデートデータ ver.1.11
PlayStation®4版…アップデートデータ ver.1.11
STEAM版…アップデートデータ ver.1.1.0.1

【解消方法】
下記を行っていただくことで、上記現象が解消されます。

・何かひとつミッション(戦術マップバトルがあるもの)をクリアする。
 ※ミッションにレッドファイブを出撃させなくても現象は解消されます。

【今後の対応】
本現象の修正を行うアップデートデータの配信を予定しております。
アップデートデータの配信スケジュールについては後日、公式サイト等でお知らせいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。