PS5向け次世代バーチャルリアリティシステム『PlayStation VR2』が発表


ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、『PlayStation VR2』を正式発表しました。

あわせて、新しいVRコントローラーの名称が「PlayStation VR2 Sense コントローラー」に決定したことを発表。

「PlayStation VR2」は、モニター部分に有機ELディスプレイを採用し、片目あたり2000×2040ドット、フレームレート90/120Hz、視野角110度で4K HDRに対応。

インサイド・アウト・トラッキングを採用し、VRヘッドセットに搭載したカメラを通じて、プレイヤーとコントローラーをトラッキング。本体以外のカメラを必要とすることなく、プレイヤーの動きや向いている方向がゲーム内に反映するという。

PlayStation VR2 Sense テクノロジーは、視線トラッキング、ヘッドセットフィードバック、3Dオーディオ、そして革新的なPlayStation VR2 Senseコントローラーを組み合わせることで、驚くほど深い没入感を生み出すとのこと。

また、セットアップも簡単で、PS5にケーブル1本を接続するだけで、すぐにVR体験ができるようになっている。

<PlayStation VR2の主な仕様>

ディスプレイ方式有機EL
パネル解像度左右の目それぞれに2000×2040の映像を表示
パネルリフレッシュレート90Hz、120Hz
レンズ間距離調整可能
視野角約110度
センサーモーションセンサー: 6軸検出システム
(3軸ジャイロ・3軸加速度)
装着センサー: IR近接センサー
カメラトラッキングカメラ×4
(VRヘッドセット、VRコントローラートラッキング用)
IRカメラ×2
(視線トラッキング用)
フィードバックヘッドセットの振動
PS5との通信USB Type-C®
オーディオ入力: 内蔵マイク
出力: ステレオヘッドホン端子

<PlayStation VR2 Senseコントローラーの主な仕様>

ボタン[右]
PSボタン、オプションボタン、アクションボタン(○ボタン/×ボタン)、R1ボタン、R2ボタン、右スティック/R3ボタン
[左]
PSボタン、クリエイトボタン、アクションボタン(△ボタン/☐ボタン)、L1ボタン、L2ボタン、左スティック/L3ボタン
センシング/トラッキングモーションセンサー: 6軸検出システム
(3軸ジャイロ・3軸加速度)
静電容量式センサー: 指検知
IR LED: ポジショントラッキング
フィードバックトリガーエフェクト(R2/L2ボタン)、ハプティックフィードバック(各コントローラーにつき1つのアクチュエーターを搭載)
端子USB Type-C®端子
通信Bluetooth® Ver5.1
電池種類: 内蔵型リチウムイオン充電池

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。