PS5/PS4『Ghost of Tsushima』の累計販売本数が800万本を突破


PS5/PS4用ソフト『Ghost of Tsushima』の累計販売本数が800万本を突破したことが発表されました。

日本の対馬を舞台したアクションアドベンチャーゲームで、2020年7月にPS4用ソフトとして発売され、2021年8月20日にPS5/PS4用ソフト『Ghost of Tsushima Director’s Cut』が発売されました。

ストーリー
文永(十三世紀後半)、コトゥン・ハーン率いるモンゴル帝国(大元)の大軍勢が、日本侵攻の足掛かりとして対馬に上陸した。島を防衛する対馬の武士団は、初めて見る元軍の兵略によって初戦で壊滅したが――、境井 仁(さかい じん)という名の一人の武士が、かろうじて生き延びていた。
仁は、冥府から蘇った者「冥人(くろうど)」として、侍の道に反した戦い方に手を染めることになっても対馬の民を守ろうと決意し、元軍に戦いを挑むのだった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。