「レイシリーズ」3部作を移植した『レイズ アーケード クロノロジー』を2023年に発売


タイトーは、同社の1990年代を代表するシューティングゲーム「レイシリーズ」3部作を移植した、PlayStation 4/Nintendo Switch用ソフト『レイズ アーケード クロノロジー』を2023年に発売することを発表しました。

「レイシリーズ」のアーケード版3部作「レイフォース」、「レイストーム」、「レイクライシス」を忠実移植、さらに3D描画の2タイトルを高解像度化し、3タイトル計5バージョンの「レイ」を収録したオムニバスゲームソフト。

移植は全タイトル有限会社エムツーが担当しており、ゲーム攻略に役立つ各種「ガジェット」表示の他、ゲーム中のセーブ/ロード機能などを追加する予定。

収録タイトル

レイフォース
1994年にアーケード版が稼働したシリーズ第1作

レイストーム
1996年稼働のシリーズ第2作

レイストームNEO-HD
アーケード版「レイストーム」の高解像度版

レイクライシス
1998年にアーケード版が稼働開始したシリーズ第3作

レイクライシスHD
アーケード版「レイクライシス」の高解像度版

公式サイト:
https://www.taito.co.jp/rayzarcadechronology

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。