『野狗子: Slitterhead』のBokeh Game Studio、吉田修平×外山圭一郎×佐藤一信の対談映像を公開


Bokeh Game Studio(ボーカゲームスタジオ)は、ソニー・インタラクティブエンタテインメントのインディーズ イニシアチブ代表 吉田修平氏を招き、クリエイティブディレクター外山圭一郎とプロデューサー佐藤一信との対談を実施し、その映像を公開しました。

映像では、外山のディレクション作品『SIREN』『GRAVITY DAZE』両シリーズと、佐藤のプロデュース作品『パペッティア』『人喰いの大鷲トリコ』を中心に、それぞれのプラットフォームでのゲーム制作の技術的な話題から、新しい作品を生み出す面白さと難しさなど、SIE在籍時代から現在に至るまで、20年来の付き合いである三人のエピソードが語られる。

さらに、Bokeh Game Studioの最新作『野狗子: Slitterhead』に対する吉田氏の感想や、独立した外山・佐藤へのエール、近年のインディーシーンの動きや、インディースピリットとは何かといった様々な話題も登場しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。