『MLB The Show 22』、JR新宿駅・東西自由通路に大谷翔平選手が登場。約164キロのストレートを疑似体験


ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が実際にたたきだしたスピードで投打走するモーショングラフィック映像を、本日8月15日(月)よりJR新宿駅・東西自由通路に設置されている大型LEDビジョン新宿ウォール456で放映開始しました。

今回、放映する内容は『MLB The Show 22』(英語版)に登場する大谷翔平選手のピッチングシーンとバッティングシーン、盗塁シーン。45.6mある超横長の大型LEDビジョン上において、ピッチングシーンでは渡米後に記録した約164キロの速度でストレートが、バッティングシーンでは191.5キロの豪速球が、そして盗塁シーンでは、大谷翔平選手が記録した、時速31.6キロという驚異的なスピードの走塁を疑似体験できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。