日本を舞台に忍の物語が描かれるアサシン クリードコードネーム『RED』と魔女関連の『HEXE』が発表


Ubisoftは、「Ubisoft Forward」にて現在開発中の『Assassin’s Creed Codename RED』と『Assassin’s Creed Codename HEXE』を発表しました。

『Assassin’s Creed Codename RED』は、封建時代の日本を舞台に、忍の物語が描かれれるオープンワールドRPGとして発売。

『Assassin’s Creed Codename HEXE』の映像も公開。映像では、森や魔法陣とルーン文字などが登場。Hexeは魔女という意味ですが、それに関連したものとなりそうです。

アサシン クリード インフィニティは、これらを包括するハブのような新プラットフォームになり、さまざまな体験とプレイヤーを結びつけるものとのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。