『Dead by Daylight』、史上初めての三人称視点の新キラー「チャッキー」のリリーストレーラーを公開


非対称対戦型マルチプレイヤーホラーゲーム『Dead by Daylight』にて、本日11月29日(水)より正式に実装された新キラー「The Good Guy(グッドガイ)」のリリーストレーラーを公開

グッドガイ – チャッキー
悪質な残虐さと切れ味の鋭いユーモアセンスを持ち合わせたチャッキーは、腕の立つ容赦なき殺人マシンだ。その小柄な体型を利用して生存者の不意をつき現れては、凶器を振りかざし襲いかかる。

能力:危険なプレイタイム
グッドガイは、Dead by Daylight史上初めての三人称視点でプレイする殺人鬼だ。
特殊アビリティ – ハイディホーモード:チャッキーはハイディホーモードに入ると探知不可となり、マップ中に「足取り」を発生させ生存者を混乱させる。ハイディホーモードにはいつでも入れるが、クールダウンが発生する。
特殊アビリティ – 駆け抜け:ハイディホーモードの時、チャッキーは倒されたパレットの下や窓の上から「駆け抜け」を行い、素早く移動することができる。
特殊アビリティ – 斬り付け:ハイディホーモードの時、チャッキーは飛び掛かって「斬り付け」攻撃を行うことができる。ただし、攻撃中は他のことは何も行えなくなる。「斬り付け」を使用中に生存者が窓やパレットを乗り越えようとした場合、続けて素早く「駆け抜け」を発動することができる。

呪術:二人遊び
複数回、生存者に怯ませられるか目眩ましされた場合、無力なトーテムが呪いのトーテムになる。その呪いが有効の間、怯ませてきた(あるいは目眩ましをしてきた)生存者は4秒間、目眩まし状態になる。呪いの効果は、紐付けられた呪いのトーテムが残っているかぎり持続する。

ずっと友達
人の生存者に執着する。オブセッションでない生存者をフックに吊るすと、オブセッションの生存者が無防備状態になり、可視化されて一時的にそのオーラが表示される。オブセッションをフックに吊るすと、ランダムな生存者が叫び声を上げて位置を知らせ、オブセッションになる。

電池付き
修理が完了した発電機の近くにいる時、迅速の効果を得る。移動速度の上昇は、発電機の付近を離れた後も一定時間、継続される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です