『廃遊園地のメメントメモリア』、PS4/Switch版が今夏に発売


ノベルゲーム制作サークル「アサノハ製作所」は、『廃遊園地のメメントメモリア』のPS4/Switch版をエンターグラムより2024年夏に発売予定であることを発表しました。

同作のもう一人のメインヒロインである博士をフィーチャーした追加シナリオ「博士アペンド」の収録やフルボイス化を行う。

フルボイス化に伴い、CVオーディションも実施予定とのことです。

「廃遊園地のメメントメモリア」はオーソドックスなノベルアドベンチャーゲームです。壊れた世界で少年と少女が出会う、ポストアポカリプス×ボーイミーツガールの物語が展開される。

ストーリー
大戦中、疎開を余儀なくされた子どもたち。
彼・彼女らが集住した土地は、 いつしか《ラグーン》と呼ばれるようになった。多くの《ラグーン》では自給自足が可能で、 つつましいながらも人間的な生活が送れている。
廃遊園地を利用した《ラグーン》で暮らす傭兵の少年、カイ。大人中心の軍閥《軍》との共同作戦中に、 カイは一人の少女と出会う。
少女の名前はミオ。銀髪で。口下手で。銃撃が得意で。そして、包帯の巻けない少女。
カイはミオの秘密を知る。ミオを助けるため、なんて……そんな大層なことは、言えないけれど。――思うところがあって、ミオに手を差し伸べた。
ミオはカイの家で暮らし始める。カイの幼なじみ、博士も一緒に。この出会いがどこにつながっているのかは、まだ誰も知らない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です