「プレイステーション 5」が2020年末の年末商戦期に発売決定


ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、次世代機の正式名称が「プレイステーション 5」(PS5)であること、2020年末の年末商戦期に発売することを発表しました。

PS5は超高速アクセスが可能なカスタムSSDとAMD社製カスタムチップセットを搭載し、クリエイターが思い描いた通りのゲーム体験を実現。新しいコントローラーには、従来の振動機能を刷新し、多彩な反応を感じることができるハプティック技術を採用。そして、アダプティブトリガーと呼ばれるL2・R2ボタンの進化し、プレイヤーが取るアクションに合わせてトリガーの抵抗力をプログラムすることが可能になり、さらには、ハプティック技術との組み合わせにより、これまで以上に多彩なアクションをよりリアルに再現することができるようになるとのこと。もちろんPS4との互換性も実現。PS VRにも対応。

<ハードウェア概要>
■コンソールゲーム機本体
・超高速アクセスが可能なカスタムSSD搭載
・AMD社製カスタムチップ搭載
 CPU:x86-64-AMD Ryzen “Zen2”, 8 cores/16 threads
 GPU:AMD Radeon RDNA (Radeon DNA) -based graphics engine
 3Dオーディオ処理専用ユニット
・ゲームにおいて最大8K解像度出力まで対応
・PlayStation4タイトルとの互換性実現に向けた設計
・PlayStationVR対応

■コントローラー
・ハプティック技術搭載
・L2・R2ボタンに抵抗力を感じさせるアダプティブトリガーを採用

■物理メディア
・Ultra HD Blu-ray
・ゲームディスクとしての容量は100GBに


コメントしてみよう!

メールアドレスが公開されることはありません。