Epic Gamesが、genDESIGN、Playdead、Remedy Entertainmentとのパートナーシップを発表


Epic Gamesは、genDESIGN(『人喰いの大鷲トリコ』)、Playdead(『Inside』、『Limbo』)、そしてRemedy Entertainment(『Control』)とのパートナーシップを発表しました。

パートナーに対して「完全な創造の自由と所有権」「全額出資のプロジェクト」「5割の利益分配制度」を提供を目標としているとのこと。そして、上田文人氏によると、新作タイトルを開発中である事を発表し、今後数ヶ月の間に発表する予定とのことです。

genDESIGNのゲームデザイナー上田 文人様から以下のコメントを頂きました:
「これまで我々は、一人でも多くの方に自分たちの作ったゲームを楽しんでいただきたいという思いがありました。そのような中、「Unreal Engine」や「Epic Gamesストア」、ゲームタイトル制作など、ゲーム分野において幅広くサービスを提供しているEpic Games様とお話させていただく中で、自分たちが望む形のゲーム開発ができるのではないかと思い、現在開発中の新作ゲームにおいて、今回一緒に組ませていただく運びとなりました。
開発中のゲームの内容については、残念ながらまだお伝えできませんが、少しでも早くゲームファンの皆様へお届けできるよう、チーム一丸となり日々努力しております。
また、genDESIGNは本開発に向けチームを拡大中です。私たちと一緒に働いてくれる仲間を募集していますので、ぜひ弊社のホームページをチェックしてみてください。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。