『バイオハザード』シリーズの全世界での累計出荷本数が1億本を突破


カプコンは、「バイオハザード」シリーズの全世界での累計出荷本数が1億本を突破したと発表しました。

「バイオハザード」シリーズは、1996年にPlayStation向けソフトとして第1作『バイオハザード』が発売され、武器やアイテムを駆使し惨状からの脱出を試みるサバイバルホラーというジャンルを確立。ゲームソフトだけでなく、ハリウッド映画化やテーマパークのアトラクション化をはじめとしたワンコンテンツ・マルチユース戦略により、発売から24年間世界中から熱狂的な支持を獲得し続け、海外販売本数比率80%を超える当社の代表的なコンテンツへと成長。

近年、デジタル販売戦略を推進しており、250以上の国や地域に向け、機動的な価格施策によるタイトルの長期販売が実現したことで、ユーザー層が拡大。最新技術で再構築した『バイオハザードRE:2』や『バイオハザードRE:3』の投入や、新作発売にあわせた旧作のセール実施が貢献した結果、当社初のシリーズ累計販売本数1億本を突破。

そして、累計750万本を販売した『バイオハザード7 レジデントイービル』の続編であり、ナンバリング作品に相当する最新作『バイオハザード ヴィレッジ』を発表。これまで蓄積したノウハウを活かして次世代機へも積極的にタイトルを投入することで、シリーズのさらなる成長を目指す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。