マーベラス、インディーズゲーム開発者の支援プログラム『インディーゲームインキュベーター』を発足

  • PS4

マーベラスは、インディーズゲーム開発者の支援を目的としたオンラインインキュベーション(事業支援)プログラム「インディーゲームインキュベーター」を発足したことを発表しました。

「インディーゲームインキュベーター」は、6年間にわたり優れたインディーゲーム開発チームの育成に成功している、スペイン・バルセロナのインキュベーションプログラム「GameBCN」の監修のもと実施するオンラインのインキュベーションプログラム。

『天穂のサクナヒメ』を開発した「えーでるわいす」等、国内外で活躍してきたインディーゲーム開発者や、ゲームに精通した各分野の専門家が講師(メンター)を担当。

開発計画や進捗管理といったゲーム開発に関する支援・指導に加え、ゲームをリリースする上で必要となるプロモーションノウハウやメディア対応、多言語対応、各種法令や契約関連のサポート、ステークホルダーへのピッチ(ゲームのプレゼンテーション)訓練などを実施し、日本のインディーゲーム開発者を様々な側面からサポートするとのこと。

プログラムへの参加費は無料で、6月から11月までの半年間の開催を予定。募集対象は5チームで、3月中旬より応募の受付を開始します。詳細は後日発表する予定です。

公式サイト
https://igi.dev/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。