百合シリーズ最新作。PS4/Switch『こちら、母なる星より』が10月28日に発売


日本一ソフトウェアは、PS4/Switch向けアドベンチャーゲーム『こちら、母なる星より』(PS4/Switch)を2021年10月28日に発売することを発表しました。

本タイトルは、荒廃した無人の池袋で6人の女の子が仲良く、力強くサバイバルをするアドベンチャーゲーム。誰もいない池袋に違和感を覚えながらも、女の子たちはお互いに助け合い、生活を共にする事で、心の距離を縮めていく。

2019年にリリースされた「じんるいのみなさまへ」と同じ、プロデューサーは菅沼 元さん、ディレクターは植木直敬さん、シナリオは伊西殻さん、キャラクターデザインは春夏冬ゆうさん。

プロローグ

宙そらからやってきたとされるそのウィルスは
地球にかつてないほど大きな被害をもたらしました。

そんな災禍から長い長い月日が流れ、
今、この池袋にはわたしたち6人だけ。

狭くなった街と崩れた建物、それを彩る草の緑と水の青。
そして、どこからか漂うエアコンのニオイ。

「こちら、母なる星より」わたしたちは今日も大丈夫です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。