サイコロジカルホラービジュアルノベル『ドキドキ文芸部プラス!』 が10月7日に発売


アクティブゲーミングメディアは、ゲームブランドPLAYISM(プレーイズム)にて、『ドキドキ文芸部!(Doki Doki Literature Club!)』に新要素を追加した『ドキドキ文芸部プラス!』を2021年10月7日に発売することを発表しました。

「プラス」版の追加要素
●今回のために新たに書き下ろされた、友情と文芸を描いた全6話から成る長編サイドストーリー。
●新規CGや壁紙、初公開となるコンセプトスケッチなど、アンロックして収集できる100点以上の画像を収録。
●13曲の新規楽曲を含む、全26曲を収録。アーティストにはNikki Kaelarをはじめ、
ゲストとしてJason HayesとAzuria Skyが参加。
●ゲーム内で楽しめるDDLCミュージックプレイヤーを搭載。カスタムプレイリストでお気に入りの曲だけを聞いてくつろぐも良
し、特に好きな一曲をリピートして雰囲気に浸るも良し。
●すべてのアートワークをフルHD(1080p)化し、原作を忠実にアップグレード。

『ドキドキ文芸部プラス!』概要
高校の文芸部に入部した男子高校生として、文芸部の4人の美少女との交流を楽しむビジュアルノベルです。「詩」を作成する際にそれぞれのキャラクターが好むキーワードを選ぶことで、隠された詩やサイドストーリーがアンロックされます。

※注意※
このゲームはお子様や精神状態が不安定な方には適していません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。