2Dアクションゲーム『ロードス島戦記 ーディードリット・イン・ワンダーラビリンスー』が12月16日に発売


PLAYISMは、“ロードス島戦記”を探索型2Dアクションとしてゲーム化した『ロードス島戦記 ーディードリット・イン・ワンダーラビリンスー』を12月16日に発売することを発表しました。対応機種は、PS5/PS4/Xbox Series/Xbox One/Switch。価格は、PS5/PS4/Switch向けパッケージ版3,980円、ダウンロード版は2,480円(ともに税込)。

パッケージ版の初回生産分にはオリジナルサウンドトラックとスペシャルブックが付属する。

『ロードス島戦記 ーディードリット・イン・ワンダーラビリンスー』概要
『ロードス島戦記 ーディードリット・イン・ワンダーラビリンスー』は、水野良氏監修の下、原作小説のヒロインである“ディードリット”を主人公にした探索型2Dアクションゲームです。本作では、2019年に発行された最新作『ロードス島戦記 誓約の宝冠』に至るまでの空白の期間におけるディードリットの物語が描かれています。“ロードス島戦記”ファンはもちろんのこと、原作を知らない方でも十分楽しむことができます。

コンソール版のキーアートは、人気イラストレーターで『ロードス島戦記 誓約の宝冠』のイラストを担当している左氏にご担当いただきました。

ストーリー
突然見知らぬ場所で目を覚ましたディードリット。ここはどこなのか?なぜここに居るのか?
問いかけても誰も答えてはくれず、ただ静寂があるのみ。ディードは答えを求め、おもむろに歩き出す……

ゲームシステム
・精霊や様々な武器、魔法の力を使いこなし、広大な迷宮を進む探索型アクションゲーム
・敵を倒し「ソウルストリーム」で精霊のレベルを強化して、戦闘を有利に進めよう
・「シルフ」と「サラマンダー」、2つの精霊の属性と弓を駆使し、数々のギミックを突破しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。