シリーズ初!『バイオハザード7』の全世界累計販売数が1000万本を突破


カプコンは、サバイバルホラーゲーム『バイオハザード7 レジデント イービル』(PS4/Xbox One/PC)の全世界累計販売数が、1000万本を突破したと発表しました。全世界での累計販売数がシリーズとして初めて1,000万本を突破。

2017年1月に発売した『バイオハザード7』は、シリーズのルーツである「恐怖」をメインコンセプトとしたタイトル。没入感溢れる恐怖体験を提供するため、従来の三人称視点から一人称視点へゲームシステムを革新するなど、ホラーに焦点をあてた大幅なモデルチェンジを行った。

さらに2021年5月、シリーズ最新作であり続編の『バイオハザード ヴィレッジ』発売時には、同作とセットにしたバンドル版の投入をはじめ、シリーズ最新作との相乗効果を活かしたプロモーション施策を展開しました。

公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。