名越稔洋氏の退社が発表。「龍が如くスタジオ」は新体制に。シリーズ最新作『龍が如く8(仮称)』が開発中


名越稔洋氏と佐藤大輔氏が、セガから退社し、創立10周年を機に「龍が如くスタジオ」は横山昌義氏をトップとする新体制になることが発表されました。

あわせて、『龍が如く8(仮称)』が現在開発中であることが明らかに。

龍が如くスタジオ代表/制作総指揮
横山昌義よりご挨拶

「龍が如く」とは何か?
二年前『龍が如く7 光と闇の行方』を発表した際、ファンの方々に熱く語られ、私たちも多くのことを学ばせていただきました。

変わること。守ること。そして、繋げていくこと。
龍が如くスタジオが発足した時には考えもしていなかったことです。
少なくともあの頃の私たちは、明日の幸せを掴み取るために必死でした。そのために犠牲にしてしまったことも多々あります。
一方で向こう見ずな闘いを続けてきたからこそ、スタジオとして十年という時を重ねられたのだとも思います。

しかし、世の中は一瞬で変わります。そして、私たちも変化を求められます。
それは働き方や生き方、道徳観や価値観、ゲームの作り方にまで影響を与えます。

龍が如くスタジオが発足するまでの間、経験が少なかった開発チームにとって「龍が如く」とは名越稔洋とイコールに近い存在でした。
でも私はそこに頼り切るのが嫌で、変化を求め非力ながらも必死に張り合い続けました。
十年という時が経ち、抵抗から共闘へと意識は変わり、今、偉大なクリエイターからこのスタジオを受け継ぎます。

この度、スタジオの新体制を発表するにあたり、皆さまに何を伝えなければならないのか悩みました。
そして十年前の8月31日、龍が如くスタジオ発足発表会の壇上で、自らが口にした言葉を思い返しました。

「スタジオの一員としてこの場に立てたことを誇りに思っています。」

あの時の私にとって「龍が如く」とはかけがえのない“誇り”でした。
その気持ちはいまも変わりません。「守るべきもの」です。
シリーズを支えてくださったファンの方々にとっても、演者さんや開発スタッフにとっても、龍が如くスタジオが作り出すゲームは“誇り”と思えるものでなければならない。

“龍”がこれからも“龍”であるために。
今回、あえて十年前と同じようにスタジオの代表スタッフたちと共に、皆さまの前に立たせていただき、決意表明させていただくことと致しました。
こうしてカッコつけてしまった以上、肝心のゲームが面白くないという最高にカッコ悪いことにならないよう、思い切りやっていきます。

「俺たちを信じてください!」とは言いません。これからもゲームを通じて皆さまに注目してもらえるよう、頑張ります。
そして願わくは、別の道を歩むこととなった名越さん、佐藤さんの挑戦も、我々の今後と共に見守り続けていただけたらと思います。

発売中の『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』、そして現在開発中の春日一番のその後を描く、龍が如くシリーズ最新作『龍が如く8(仮称)』でも、これまで一緒に歩んできた先達の信念は、スタッフ一人一人に確実に引き継がれています。

プロデューサー阪本、ディレクター堀井、伊東、三嶽、シナリオも私と竹内、古田といったメンバーで総力を挙げて制作中です。

半年後なのか一年後なのか、皆さまに新しい龍が如くスタジオによる、変わっているけど変わってない、「これだよ、これ」な『龍が如く』をお見せできるよう、誠心誠意、ゲーム屋人生を歩んでいきたいと思います。

今後とも、お引き立てのほど、宜しくお願い申し上げます。

名越稔洋よりご挨拶

この度、セガを退社するにあたり龍が如くスタジオトップとしてのポジションも同時に退くことになりました。

長きに渡ってタイトルを応援して下さったユーザーの皆様、そしてご協力いただいた皆様には大変お世話になりました。謹んで、そして深く感謝申し上げます。
私自身ここまで続けてこれたのは、たくさんの方からの学びを得ながら挑戦を繰り返す姿勢を貫き、また同時にその想いを支えてくれたスタッフのおかげに他なりません。

そして今日から新生・龍が如くスタジオが誕生します。つまりタイトルは今後も継続されていきます。

そこで果たしてどんなタイトルが生まれるのかは私もわかりません。しかし新しい世代が予てから積み上げてきたものをより一層高めながら、素晴らしいタイトルを世に送り出してくれると信じています。その実現のためには彼らもまた、これからも学びと挑戦を繰り返しながら成長するしかありません。引き続き、皆様からご指導ご鞭撻を頂ければ幸いです。

最後になりますが、万感の思いを込めて申し上げます。今まで本当に有難うございました。
すべての新たな始まりにご期待ください!

佐藤大輔よりご挨拶

いつも龍が如くスタジオを応援いただきありがとうございます。
私事ではございますが、この度セガを離れて別の道を歩むことを皆様にお伝えしたく、この機会をいただきました。

今後スタジオ代表は横山シリーズプロデューサーに引き継ぎ、阪本プロデューサー、堀井ディレクターを中心とした新体制の龍が如くスタジオとなります。

「龍が如く」というタイトルの立ち上げから関わり、組織の長としてスタジオを9年間預かった身として思い入れも愛着もとても強いです。長きに渡って苦楽を共にしたスタッフのいる場所から離れることはもちろん寂しくありますが、スタジオ発足から10年経った今、龍スタは強い組織に成長しました。シリーズタイトルの存続はもちろんのこと、新たな感動を産み出す力を持ったスタジオであると信じています。それだけの優秀なスタッフが揃っています。だからこそ安心して後を任せることができます。

15年続くタイトルに関われたことは本当に幸せなことですし、なにより応援していただいたファンの皆様のおかげと心より感謝申し上げます。
ともにタイトルを成長させようと一緒に頑張ってくれたスタッフ、そして業界関係各社の皆様にも改めて御礼申し上げます。

これからはユーザーとして龍スタを応援しつつ新作を楽しみにしております。
ファンの皆さまにも願わくは新しい龍スタに今後も変わらぬご支援を賜れますと幸いです。
長い間、ありがとうございました。

http://ryu-ga-gotoku.com/studio/jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。