『機動戦士ガンダム バトルオペレーション Code Fairy』は、全15話のシングルプレイ用バトルアクション。11月5日から配信開始


バンダイナムコエンターテインメントは、PS5/PS4用ソフト『機動戦士ガンダム バトルオペレーション Code Fairy』の「Vol.1」を11月5日(金)から配信することを発表しました。

本作では「機動戦士ガンダム バトルオペレーション2」の操作感で、ジオン公国軍の女性だけで構成されたとある秘匿部隊が仲間たちと”一年戦争”を突き進む、オリジナルストーリーを楽しめる。

キャラクター原案に田中将賀氏(「君の名は。」「とらドラ!」などのキャラクターデザイン)、アニメーション監督・演出・絵コンテに吉沢俊一氏(「機動戦士ガンダムNT」監督)、メカニックデザインに瀧川虚至氏を起用。

全15話で構成されており、11月5日に『Vol.1(第1話~5話)』、11月19日に『Vol.2(第6話~10話)』、12月3日に『Vol.3(第11話~15話)』の3タイトルの配信を予定。価格は各2,200円(税込)

『バトルオペレーション2』との連動があり、『バトオペ2』で使用できる「Code Fairyの登場機体」を入手できたり、『Code Fairy』で新たなミッションが解放されたりするとのこと。

■プロモーション映像

■紹介番組

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。